読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情弱エンジニアのなかのblog

一人前のエンジニアになる為のブログです

vagrantで管理しているアプリをgitやGItHubに連携させるには

GitHubでファイルを確認するには長い道のりがある

お疲れ様です、制作しているアプリをそろそろGitで管理したいと思ってる方は必見です!

さて今回はアプリをGitHubで管理したのでつまずいた点など記載していきます。 基本的な導入方法に関してはさらっと説明していきます。 今私がvagrantを使っているのでvagrantありきで説明しますので、同じようにvagrantを勉強中の方は是非参考にしてください。

1.GitHubの準備

2.Gitの導入

3.GitHubの連携

4.403と出たら

5.非表示にしたいファイルがあるときは

1.GitHubの準備

まずGitHubの自分のアカウントに入ります。 new repositoryで新しいリポジトリを制作します。 f:id:nonaka-katuma-hal:20170509181310j:plain リポジトリの名前を入力して「Create repository」を押せば完了です。 ここで大切なのがリモートリポジトリのアドレスが表示されるのでHTTPSを選択してURLをどこかにコピペしておくと後で都合がいいです。

2.Gitの導入

vagrantを立ち上げてアプリを制作しているディレクトリまで移動します。

$ git init

でGitを導入します。

$ git add .
$ git commit -m "ここにコミットに関するコメントを書く"

これでファイルをコミット出来たので続いては GitHubをリモートリポジトリに設定していきます。

3.GitHubの連携

それではリモートリポジトリの設定なのですが、先ほどコピペしておいたURLを使います

$ git remote add origin https://github.com//hogehoge.git

これで

$ git push  -u origin master

とすればOKのはずですが

4.403と出たら

もしそこで

error: The requested URL returned error: 403 Forbidden while accessing https://github.com/hogehoge/rss.git/info/refs
fatal: HTTP request failed

このようなエラーが出てしまったときは

$ git remote set-url origin https://ここにユーザーネーム@github.com/ritukiii/rss.git

リモートリポジトリのURLにユーザーネームを入れれば解決します。

もう一度pushすればこんどはGitHubのパスワードを聞かれるので入力すれば GitHubのマイページで確認できます。

5.非表示にしたいファイルがあるときは

ついでにGitHubに乗っけたくないファイルをアップしてしまった時の対応ですが 普通gitignoreを使うと思うのですがもしgitignoreでファイルを非表示にしてるはずなのにGitHubで表示されてしまうということがあったら gitignoreをコミットする前にファイルをアップしていないか確認してみてください。 もしそうでしたら、

$ git rm ファイル名

をして頂くとGitHubからファイルを消すことができます。

今回は参考にさせて頂いたサイトは以下になります。

今さら聞けない!GitHubの使い方【超初心者向け】 | TechAcademyマガジン

gitでpushしようとしたら403された話 - Qiita

.gitignoreを変更したのに反映されない場合の対処法 - Labo Memo

以上になります。